忍者ブログ

Nona's room


20年振りの伊勢志摩の旅、この春宿泊した「志摩観光ホテルベイスイート」から朝のウォーキングの際、写したショットです。樋口宏江シェフが創る「ラメール」でのフレンチに舌鼓、スプリングディナーを締めくくる黒鮑のステーキは絶品でした。伊勢神宮内宮まではホテルから往復一人¥1000でバスで一時間。お伊勢詣りも楽しめます。
Enjoyed a spring trip to Ise-Shima national park district. This is a morning sunlight shot from near "Shima kanko hotel bay suites"where we've stayed for two days. If you want to visit Ise shrine, you can take a bus from the hotel to the inner shrine. It takes about an hour to get to the shrine, for a round trip, ¥1000.English channels,TV&Radios are available in every 50 suite rooms.In a private library, you can enjoy free dink and delicious sweets. A french restaurant "La mer"is my best recommendation. A black abalone steak is the dish you can't miss!


PR

ラジオから離れて、この春で一年が経ちました。毎週のように世界中から届く新譜を聴きながら、日々季節に合った選曲を考えていたあの頃。その後音楽を聴く事から少し離れ、暫くして聴き始めたのがクラシック音楽でした。そしてピアノを弾きながら自分の中から聴こえてきた新たなメロディーもありました。また今年2月、リスナーの方からプロダクション宛に届いていた手紙を受け取り、ラジオから聴こえてくる私の声を聴きながら過ごした10年程の想いを知り、感激。そういった思いを一つにして新曲を作りました。今日4/5は日本では清明とも呼ばれ、旧三月節。万物が清新の気に満ちている時期であり、春たけなわの日。また西洋では復活祭の日曜日、春の自然の甦りを祝うお祭でもあります。ラジオを通して出逢えたあなたに捧げた一曲です。気に入ったら、是非ラジオにリクエストしてみて下さいね。またあなたと逢える時を楽しみにしています!
This is our new song dedicated to my listeners. It's been a year since I left from my dj program. One day after big snow fell on Feb 2014, I visited Mr president Nakajima's grave whom I respect and admire most. He is the founder of the radio program, so I wanted to express my gratitude. When I came back from the graveyard, I started to play Debussy's Arabesque dedicated to him. And gradually, some melody popped up from my mind. So I started to write them down. Along with the melody, the lyrics also came floating. So the original of this song was roughly finished around a year ago. But I was still lonely and not in good condition to finish the song. So I waited for my energy to come back. And also, the listener of the program wrote me a letter to my management office that how he loved the program .That letter really moved me, and we finished up this song around this March. Very grateful to the arranger and creator of nona team, T-wai. Very inspiring working with him. I am also playing piano in the track from the passage of Debussy's Arabesque.Hope you will enjoy it.



箱根に行った帰り、岡田美術館に寄ってみました。表参道の根津美術館がスケールアップした印象でしょうか、素晴らしいコレクションでした。尾形光琳、歌麿、北斎、横山大観の絵画から、東洋の器、漆、青銅器、仏像まで。日本の古九谷、鍋島、尾形幹山の京焼から清時代の壺、高麗時代の繊細な器まで、さっと観るだけでも2時間ほどかかりました。特に心に残った作品を美術館の方に紙と鉛筆をお借りして、スケッチしてみました。今回好きになった画家が、右手のハガキ「海月」を描いた菱田春草。クロード ・モネ「雨のベリール」を想い出しました。
In autumn 2013, The Okada museum of Art housing many exquisite Eastern treasures and collections opened in Hakone. This museum was constructed on the site of the old Kaikatei hotel built in the Meiji Period for Westerners. Exhibiting Japanese, Chinese, and Korean works of art ranging from ancient times through to the present age, collected by the business man Okada Kazuo. They do not permit recording devices such as cellphones,cameras, and tablets and also beverages to be brought into the galleries. So I borrowed the pencil and the papers just to sketch few of them.
A little bit expensive, but very great museum to visit. If you love an oriental art, better check this museum out.



昨日から頭の中で流れているメロディーがあります。ベートーベンの交響曲第七番第二楽章のメロディー。朝起きた時から鳴り続けているので、CDを買ってみました。フルトベングラー、カラヤン、アバドから小沢征爾まで、沢山の名盤がある中で、ふと手に取ってみたのが、このドゥダメルの作品。ベネズエラのユースオーケストラを率いたドゥダメル、犯罪が多発するベネズエラで「音楽は社会を変える力となる」という信念のもと立ち上がったユースオーケストラの頂点に立つシモン・ボリバル・ユース・オーケストラ・オブ・ベネズエラの演奏です。その音楽性の豊かさと、素直な響きと表現力に打たれました。ベネズエラは美人が多い国、という認識しかありませんでしたが、こんなに音楽性の高い国とは。。貧困層の子供たちにも二歳半から無償で楽器が貸し出され、約90を数える音楽学校、200近くあるユースオーケストラに参加して、練習を重ねていく彼ら。そしてこのアルバムのユースオーケストラ、SBYOVのメンバーに選ばれると、住居や生活費、教育費など、全て国からサポートされるそうです。ドゥダメルの活気ある斬新な指揮にリードされ、自由に鳴り響くベートーベンのサウンドに心踊りました。調べてみたら、ベートーベンの名日は1827年の3月26日。29日に行われた葬儀には30000人近い市民が集まり、彼の死を悼んだそうです。
Ludwig van Beethoven died on March 26th, 1827. Recently,I've been listening to his compositions on you-tubes, and especially, there is one melody that I can't forget. It's been ringing in my years all day long, finally found out that is a melody from his 5th symphony. So I went to "Yamaha, Ginza"to check out the good CDs, and found this album. Very affluent expression with beautiful sounds with full of energy.  



声優の滝下毅さんがこの世を去り、今月で三回忌を迎えました。駒沢公園の近くに住んでいた頃、何度か仲間と一緒に遊びに来てくれましたね。仕事では数える程しかご一緒した事がなかったけれど、いつも一生懸命で真っ直ぐだったあなた。天国に召された後、あなたが愛した素敵な奥さまとの出会いがありました。三回忌に送らせて頂いた、好物だったというチーズケーキが入ったお菓子の詰め合わせのお礼に、奥さまから紅茶のセットと可愛い鳥のカードが届きました。37歳という若さで空へと羽ばたいていった滝くん、奥さまをを大空から見守ってあげて下さいね。
My colleague and the voice performer, Tsuyoshi Takishita passed away on Mar 10th, 2013. He was 37 years old then. I was shocked to hear the news and I also thought about his newlywed wife, Jun Shikano whom I've never met before. Every year when March arrives, I think of him,and his wife, and send her flowers with a card. Last year, I asked her to have an Afternoon Tea together. We had a precious time together talking and thinking about him. She sent me a beautiful card which the bird is written in front and sealed with a four-leaf clover. Hope this four-leaf clover will bring her a happiness as a woman again, and looking forward to seeing her on her birthday in June.



今月卒業する番組スタッフ7名を囲んでの打ち上げパーティーがありました。番組立ち上げから関わってきた素晴らしいディレクターの方々、皆さんの後ろ姿を見て勉強させて頂いたこと沢山ありました。毎週生放送、緊張感のあるスタジオワークの中で、お互い励まし合い叱咤激励しながら共に作り上げていく作業。出演者、スタッフの方々、1人1人がお互いを思い合い、切磋琢磨しながら一つの番組が出来ていく姿をサンデーを通して学ばせて頂いている気がします。今回サンデーを卒業されたディレクターの白川憲子さん、神山敦さん、松波昌子さん、酒瀬川茂雄さん、甲崎大地さん、アシスタントディレクターの安田準さん、小橋和佳さん、新天地でもがんばって下さいね。ありがとうございました!
We had a farewell party tonight, after the live TV show "Mr Sunday"on Fuji TV. 7 people had graduated our program this month, including four directors and two assistant directors. The program itself has 5 years history even though I 've joined the program just for nearly two years. But I am very proud that I could join this team.Because of the warmth and the energy that this program's cast and the staff create. They are taking efforts on daily basis for the program. Very inspiring program and people for me.

フランスのミステリーで初めて面白かった作品、イギリス推理作家協会賞受賞も頷けます。ルメートルの他作品も読んでみたくて探してみたところ、主人公、カミーユ警部の三部作として、英語版で出版されていました。まだ三部作目の「カミーユ」だけは値段が高く購入していませんが、代わりに作品中で登場した「アメリカンサイコ」が気になり、読んでみました。こちらは80年代後半のマンハッタンが舞台。特に洋楽ファンには興味深い"Whitney Houston", "Genesis", "Huey Lewis and the News"の章などはスムーズに読めました。
Today is Spring equinox day, and here is a Spring born novelist, Pierre Lemaitre's masterpieces,"Alex" and" Irene". He is a Prix Goncourt-winning French author and a screenwriter. His first novel translated into English, Alex, won the CWA International Dagger for best crime novel of 2013.

今日はお雛祭り。我が家でも「春山雛」を飾り、毎年気に入ったお雛様があると友人にプレゼントしたり、自分でも買い揃えて今では三組になりました。女の子はお雛様を飾ると幸せになると言うけれど、私の場合はまさにそうでした。2/28(土) にリビエラ東京で人前式を挙げたばかりの千歳さんにも数年前、お雛様をプレゼント。毎年飾ってくれていました。そんなお雛様パワーが効いたのでしょうか? 会場に着くと真紅の薔薇を渡され、こちらを渡して頂けますか?と係りの方に声を掛けられました。誠実、愛情、健康、友情から平和まで12本の薔薇があり、私が渡されたのは「情熱」の薔薇でした。これから年月が経っても、今の熱い「情熱」を忘れない2人でいて下さいね!
This is my cousin's wedding ceremony at Riviera Tokyo. It was also my first experience of Civil Ceremony. There are 12 roses given to their dearest guests. All the roses have meanings like"Friendship","Love","Peace","Health" etc. The rose I was given was "Passion"Rose. Today, March 3rd is the "The Girl's festival"in Japan. The girls who display the set of dolls (Ohinasama) believed to be happy as a woman. This beautiful bride also displayed a set of dolls for these past few years. Maybe they brought her a happiest moment of her life!


2000年代初頭に中目黒のレストラン「Higashiyama-Tokyo」で出会った宗ちゃん。美術大学卒業後、フランスに武者修行に。パリの路上で歌い始めたのがきっかけで、音楽に目覚め、帰国後オリジナルアルバムを数枚リリース。ここ最近は写真の世界に惹かれ、自ら写真を手掛けるようになったそうです。今月末には活動の拠点を大分県に移します。人物の個性をさり気なく引き出して撮るのも、彼の魅力の一つ。バックの写真は今回私が一番気に入った、あのマーク・ロスコーを彷彿させる空を写した一点。
This is a photographer, Soichiro Honda at his first exhibition in Shinjuku gallery.
He lost his elder sister when she was in 30's, that experience has changed his whole life, I suppose. He started to write songs and became a singer-song writer .And recently, he started to take pictures. The first picture and the last picture of his exhibion were the pictures of candles dedicated to his late sister. The sky, the firecrackes, the landscape of his homeland, Ohita Prefecture, and his early childhood days with his family pictures, all reminded me of the Showa-Era. Very personal pictures, but that reminiscing feelings that I've felt from his pictures was warm and simple like Soichiro Honda himself.


思いがけない大好物が届きました!大好きなチョコレート、それも大好きなメーカーのチョコ!バレンタイン当日に女性から頂いたチョコレート、気持ちが華やぎました。スペインの赤ワイン "Duque De Sevilla Reserva 2003"と一緒に頂きますね。ありがとうございます!
What a lovely gift!my all time favorites,"Godiva",and "MarieBelle". Really cheered me up in this chilly weather in Tokyo. From two lovely ladies that I've known for about 5-10 years through my job, and my favorite boutique. Thank you Masako-san, and Emi-chan, for sending me lovely gifts! This little soft toy cat is an old gift from Hird, way back in 2003.
  
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
リンク
プロフィール
HN:
Nona
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
Copyright ©  -- Nona --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by 妙の宴 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]