忍者ブログ

Nona's room


節分の時期に毎年飾るお雛様、以前ご紹介した「春山雛」の他に、現在小さなお雛様が2セットあります。こちらはお道具がなかったので、ずっと探していましたが、毎週寄るスタジオの横にあるパックマートで見付けました! 浅草橋で4、5軒探したのですが、どれもサイズが合わず意外とお値段がするのも分かりました。今回販売元を調べたら、以前購入した春山雛のお道具セットと同じお店、あさくさ江戸屋さんでした。
This is one of my Hina-doll sets displaying every year after First day of Spring. I've been looking for Hina-doll's tools the past few years. But the size is too small,so I couldn't get the perfect tools for them. Finally, Asakusa-Edoya solved the situation. The Hina-sweets behind the doll is called "Suhamazukushi" made by Enshuya. I always select this additive-free sweets for the Spring girl's festival every year.
PR

数年前から聴き始めたインターネットラジオ局、クラシックとジャズがノンストップで楽しめます。数多くのジャズFM、クラシックFMはありますが、モーツァルトの後にマイルスがかかるのは「クラシック&ジャズ」ならでは。この他にも「ソウル&ファンク」、「スムーズ&リラックス」、「シック&フレンチ」と3つのカテゴリーの音楽が楽しめるステーション。その日の気分で楽しんでみて下さい。
Classic & Jazz is an Internet radio station on the Classic and Jazz radio network from Paris, France providing good music, music news and entertainment.

ゆっくりと春の足音が聞こえてきました。ニューヨーク州スカースデールで住んでいた家の裏庭に、春になると咲いていたピンクの花。母、清恵が大好きな花でした。一緒に飾ったカードは、闘病中お見舞いに届いたもので、何故か捨てられず額に入れて大切にしています。アメリカ人の友人たちはキヨエと発音できず、Keoと呼んでいたのを思い出します。
Today is my mother, Kiyoe(Keyo) Tateno's birthday. This spring flower of NY always reminds me of her. Our backyard in spring season, 59 Clifton Rd, Scarsdale, NY.

こちらもミステリーから離れて面白かった作品「ルーム」です。ペーパーバック版は映画化とリンクして幾つかのデザインがあり、それも購入時のポイントの一つになっています。こちらの作品もカズオ・イシグロの小説、「私を離さないで」のペーパーバック版と同じく、映画化されたタイミングで映画のシーンを使った表紙に変わっています。ある「ルーム」に暮らす母親と5歳になったばかりの男の子。日々の様子が描かれるところからお話がスタートします。5歳の子供が語る英語が中心にもなるので、英語でも入りやすく読めると思います。
This is a 2010 novel by Emma Donoghue. The story is told from the perspective of a five year old boy, Jack who lives with his Ma. The film adaptation was released in November 2015, starring Jacob Tremblay and Brie Larson. It has since been nominated for 4 Academy awards.

初めて読んだカズオ・イシグロ作品。殆どミステリーしか読まない自分には、新鮮な世界でした。「私の名前はキャシーH、11年間 carerであり、現在31歳です。」〜と始まるストーリー。何か介護をする人の話かな?と思いながら読み進んで行ったのですが、彼の作品は映像のイメージが膨らみますね。本のタイトルにもなった、主人公キャシーが枕を抱きながら「私を離さないで」という歌を唄うシーン。読みながら涙が溢れました。現在TBSでドラマ化され放映中です。
The story begins with Kathy, a carer,talking about looking after donors. She often reminisces about her time spent at Hailsham which is a fictional boarding school in England...
I was touched by this story, and for the first time, I've checked the author "Kazuo Ishiguro".

毎年誕生日を祝ってくれる3人の妹達。2006年TBSの生放送で出会い、あれからもう10年も経つのですね。毎年パーティーの号令をかけてくれる暁弓さんはこの間に、韓国にも留学して、今では韓国に関する番組や翻訳も担当するディレクターに。直子さんはこの冬、ニューヨークで刺激を受けて帰ってきたようで、キラキラした笑顔で迎えてくれました。千歳さんは私の従兄弟と結婚し、臨月の身体で参加。ノンアルコールドリンクで乾杯しました! 毎回違ったお店を選択して下さるのですが、今回初めて伺った「ライラ」はとても美味しく、心のこもった料理の数々。最後はオーナーシェフ成清毅さんと、笑顔の素敵な女性スタッフがタクシーの所まで送って下さり、感動しました。
They are my precious friends, almost like my real sisters. From your left, Ayumi Shimase, a TV director especially good at Korean. Chitose Tateno is married to my cousin and 9 months pregnant. me, Naoko Uematsu,she is also a TV director with sunshine smile! They celebrate my birthday almost every year at good French restaurant. This year, at "Lyla". All the dishes were delicious and artistic. So it was fun to eat and dine. Especially, the birthday cake was so sensitive and delicious like I've never tasted before. With a good smell herb tea. If you are looking for good French restaurant to dine near Akasaka area, check out "Lyla"



番組のコメンテーターとして復帰された後、お祝いを伝える為控え室に伺った時の事、昨日の事のように思い出します。背が高く深く優しいお声が印象的でした。お花を受け取られた時の、溢れるような笑顔が忘れられません 。どうぞ安らかに、お休み下さい。
Keigo Takeda, a journalist & a commentator passed away today around 2 pm. He had struggled with Pancreatic cancer and lost weight, but was always challenging to Live, and Comment with his deep calm voice. We miss you...Rest in peace.



久しぶりに再会した弥勒菩薩像。かなり照明が薄暗く底冷えする講堂内で、穏やかに微笑んでいらっしゃいました。毎回弥勒菩薩像に魅入られ、他の仏像の存在を忘れていましたが、今回改めて、国宝や重要文化財の仏像達に囲まれている事に気づきました。菩薩像の前の畳の椅子に座り、拝めるようになっていましたが、余りの寒さに人の回転が早く、その為色んな角度から見つめる事が出来ました。
This is Maitreya Bodhisttva sitting contemplatively in the half-lotus position postcard from Koryu-ji Temple. Visiting this temple almost every time when I go to Kyoto. But my eyes gaze at Maitreya only...It was really cold day, so very few people inside. Just peaceful and serene time calmed my mind.



1年で1番「愛」に包まれるシーズンかもしれません。今年も立派なバラのアレンジを送ってくれたさっちゃん!20年以上毎年蘭の鉢植えを送って下さる、大広の平本さん。パンジーの絵は妹の彩子から。可愛いお花のアレンジは、ミスターサンデーでご一緒している嶋ディレクターご夫妻から。三人で寄せ書きのカードと紅茶セットを送ってくれた大広の佳代さん、悠子さん、ひとみさん!誕生日当日に太陽のようなフラワーアレンジメントを送ってくれたDlife の絵里加さん。バースデーティーをスタジオに持って来てくれたDlifeの文高さん。いつもディズニーのお仕事を支えてくれる、大好きなマネージャーの紀子さん。当日電話をくれて直接プレゼントを渡してくれた、マネージャーの真一さん。日々のスケジュールを管理してくれる真紀ちゃん、いつも素敵なギフトをありがとう。声優の友人、鹿野潤さんからもブックケースに入ったフラワーアレンジメントを。今は二児の母になった悠亜ちゃんからは、ピンクの百合の花束。ヘリンボーンの十三江さん、ハワイの風を感じるクリスマスカードをありがとうございます。私の従兄弟と結婚した舘野夫妻からは、イブにクリスマスのハガキが届きました。夫婦でお世話になっているビレッジアゲインの又村ファミリーから頂いた松坂牛で今年の誕生日は我が家で初めて、すき焼にチャレンジ! 最高に美味しかったです。イブに届いた奥様・恭子ちゃんと高佑くんからのカード、成長した息子さんの文章に感動。ラジオの番組でご一緒していたエムサウンズの優くん、拓麻くん、貴文くんから届いた寄せ書きのカードとアロマセラピーグッズが届き、涙が出ました。。今年出会った友里予さん、美しいボックスフラワーをありがとう。Baka the Bakkaの智美さん、伊都子さん、郁恵さん。Dlifeでグッドボイスを作って下さるミキサーの克己さん、スタジオにお祝いを持って来て下さり、ありがとうございます。また我が家のリビングにお写真を飾らせて頂いている、中島会長の奥様から素敵なカードとプレゼントを頂き、感激しました。メールが当たり前の今、ハガキやカード、手紙など沢山の想いを届けて下さり感謝です。
How are you spending on this Christmas morning? I am writing thank you cards these days to my friends and colleagues who sent me BD gifts and flowers.This year, I was really touched by a gift and a card sent from my radio colleagues,Yu Shibasaki, Takuma Yoshioka,Takafumi Miyamoto. Recently, I am miles away from a radio since I've left from a radio show in 2014 .I was seeing them almost once in a week for about 7 years or so. But after we are parted, especially this year, there was no chance that we could meet.Not for just one time. Kind of disappointed and felt a bit lonely, and then, the collection of messages on Birthday card and the gorgeous gift have arrived!That cheered me up! They selected for me a Karmakamet gift which Kaori Maruyama gave me on Dec 20th for my Birthday. What a coincidence!


今日は1年で1番、我が家が愛に満たされる1日かもしれません。その感謝の想いはクリスマスの朝に託す事にして、今日は1番お世話になっている二人の大切な人からもらったプレゼントを写してみました。亡き母の妹、育ての母でもある徳弘佐和子叔母から今朝届いたシュトレーン。クッキー好きの私が一番好きなウイーン菓子工房「リリエンベルグ」の一品。砂糖漬けのシュトレーンは特に好物ではなかったのですが、DJ トムセン陽子ちゃんのお父様が作る大阪・枚方市「ホルガー」のシュトレーンを数年前に頂き、初めてシュトレーンを美味しいと思うようになりました。それ以来の美味しさ!でした。ドイツのピノ・ノワールといわれる「フライヤー・ファン・ゴラー・シュベートブルグンダー2012」と共に頂き、良く合いました。バックに映るカードは、今朝ツリーのトップに飾ってありました。夫の修が、家のグランドピアノをバックに録った写真をベースに作ってくれた一枚。そしてリリエンベルグのお菓子に、必ず付いてくるカードの言葉に毎回涙腺が滲みます。「皆様のお喜びの日々に、お役に立てるこの仕事を、私は、誇りに思います。店主 横溝春雄」。 私も心から誇りに思う仕事を生業にすべく、邁進して行きたいと改めて思った今宵でした。
Every year on my birthday, I spend most of the time writing thank you cards for my close friends and colleagues and relatives who sent me BD gifts and flowers. Today, I want to show my gratitude to two precious people. One is my aunt,Sawako Tokuhiro who raised me up instead of my late mother. She sent me stollen from my favorite sweets shop"Lilien Berg". She always think of other people more than herself. That's what I respect most,but I never can be like her. The card written "Happy Birthday "is from my husband,Osamu.  No luxurious jewelry and dress gifts I used to dream of, but this card and his thought is all that I need. I am very grateful that I am healthy and happy to enjoy the JOY of LIFE itself.Also,I want to say thank you to the owner of "Lilien Berg",Haruo Yokomizo. He always enclose the card in the sweet's box saying "I am very grateful that my sweets are here with you on your day of joy and celebration. I am proud of my work."
I really admire him that he is proud of his work.And he really means it.


  
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
プロフィール
HN:
Nona
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
Copyright ©  -- Nona --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by 妙の宴 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]