忍者ブログ

Nona's room

2016/05/02 (Mon)
ミステリークイーン、ルース・レンデルの命日を迎えて〜Thinking of Ruth Rendell on her memorial day

先日ルースレンデルのガールネクストドアを読みながら、その冒頭の筆者紹介の部分で、Ruth Rendell "was"となっていて、彼女が亡くなっていた事を知りました。初めて読んだのが、ハワイ語の先生で海外ミステリーの大ファンでもある川島ふじ子さんに勧められた「ロウフィールド館の惨劇」。深く印象に残りながらも、70年代の翻訳が中心でそれ以降の作品は邦訳が少なく、読む機会がありませんでした。原書を見つけると、なるべく購入し読んでいましたが、"The Girl next door"は面白かったです!晩年を迎えたレンデルだからこそ描けた、老齢の登場人物と、その孫達の時代まで解明されなかった殺人事件が解き明かされます。まもなく100歳を迎える登場人物、そして老年期の恋愛模様も描かれ、思わず涙が溢れるシーンもありました。英国人に愛され、レンデルの作品のテレビシリーズがイギリスで高視聴率が続いたのも頷けました。
Ruth Rendell was an English author of thrillers and psychological murder mysteries. Rendell was born in South Woodford, London. Rendell had a stroke on Jan 7, 2015 and died on May 2, 2015. My first experience reading Rendell was "Judgement in Stone" in Japanese recommended by Fujiko Kawashima who loved English mysteries.But these days in Japan, no more Rendell mysteries translated in Japanese. So I started to read them in English. Her latest mystery novel called"The Girl next door"was brilliant. Rest in peace, Ruth, and thank you for giving me "a joy "to read mystery novels.


La Costa - Single
La Costa - Single
nona
価格: 200円 iTunesで見る
posted with sticky on 2016.5.02
PR
  
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 12 13 14 15 16
17 18 19 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
プロフィール
HN:
Nona
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
Copyright ©  -- Nona --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by 妙の宴 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]